甲状腺ホルモンが正常かどうか定期的にチェックしよう

女性に多い病気なので気をつけよう

甲状腺ホルモンの病気は、女性に多いので注意が必要です。症状も、一見すると更年期障害に思えることが多く、病気のサインを見逃してしまいがちです。そのため、正常なのかどうかという、定期的なチェックが必要となります。甲状腺が分泌をするホルモンは、代謝はもちろんのこと、骨や筋肉、神経など様々な部位に影響を与えるほど重要なものです。そのため、この部分が正常ではないと、色々な体調不良を起こすリスクを高めますので、気をつけましょう。

20代~30代はバセドウ病に注意

バセドウ病は、名前だけは聞いたことがあるという女性も多いのではないでしょうか。この病気になると、異様に汗をかくようになったり、イライラしがちになったり、指先が急に震えるなどの症状が現れます。それ以外にも、運動をしていないのに、動悸や脈が速くなるといった症状もあります。症状だけをみますと、更年期障害とも思えますので、非常に注意が必要です。甲状腺ホルモンを過剰分泌させないようにする必要があるため、治療は内服薬を使用したり、場合によっては手術を行う事があります。

最初は内科・産婦人科でも検査出来る

バセドウ病に比べますと、成人女性の20人~30人のうちの1人に素因があると言われている橋本病は、代謝や臓器の働きが弱くなる病気です。ですが、橋本病でも治療が実際に必要な人は、3割程度だと言われています。抜け毛が増えたり、むくみやすくなったり、欝っぽい症状が出たりします。また、やる気も無くなる人が居るので、急に家に閉じこもりがちになる女性もいます。このように、甲状腺の病気に掛かると、色んな症状が出ます。自分で異常があると気付く事はなかなかありませんが、思い当たる症状がある場合には、一度正常かどうかの、チェックを受けてみることをおすすめします。最初は内科や婦人科での診察でも構いません。そこで、問診と触診を行って、病気を特定します。その際には、いつくらいから症状が出ているのか、アレルギーがあるかどうかというのを伝えるようにしましょう。既に親族内に、バゼドウ病の人がいるなどの場合には、そのことも伝えると良いでしょう。そして、血液検査を行い、3つのホルモンの値を調べます。それ以外にも、細胞検査やエコー検査を行い、実際に喉の付近にしこりがあるかどうか、腫れがあるかどうかというのをチェックします。何らかの異常が確認されれば、何らかの病気であると確定されるでしょう。